鹿児島県の名物「ごて焼き」 一味違った伝統的な味付けで

鹿児島を知っている人からよく驚かれることは、日本全国どこでもメジャーなものでも、時折独自のネーミングセンスを駆使して名前を付けることです。その例としてとして「ごて焼き」があります。「ごて」というものは、鹿児島弁で足や、すねを表す言葉です。この場合、鶏の「ごて」を表し、鶏のすね肉、一般的にはもも肉と呼ばれる部位を骨付きのまま焼いたものを、「ごて焼き」と言います。

日本全国の一般的な言葉で言い換えると、ごて焼きは「チキンレッグ」や、「骨付きチキンステーキ」などと呼ばれるものです。鹿児島でも「ごて焼き」の定義は広くなっていて、少しおしゃれな居酒屋などに行くと、骨付きチキンステーキと全く同様の、塩コショウやハーブで味付けしたものも「ごて焼き」として供される場合もあります。しかし、伝統的な味付けを守るのであれば、上記のようなオシャレなものでもなく、ましてや、日本全国でいうチキンレッグなどとは少し味付けが違います。

伝統的な作り方は、事前に醤油や砂糖、酒で甘辛いつけ汁につけて味をしみ込ませます。そして、それをフライパンにつけ汁ごと入れ、焼き煮のような形で中までしっかり火を通し、その後、グリルや炭火の上で焼いて、表面に焦げ目と照りをつけます。素手で骨を持ち豪快にかぶりつくと、パリッとした皮目の香ばしさと、中までしっかり甘辛い味のしみ込んだ、ほろりと柔らかい肉。焼酎やビールはもちろん、白いご飯とも相性抜群です。

家庭で作る場合もありますが、意外に手の込んだ料理の為、鹿児島ではよくあるような、「かしわ屋」(鶏肉、鶏肉料理専門店)やスーパーなどで買うのが一般的になりつつあります。そして、クリスマスシーズンになると、コンビニのフライドチキンなどと同様、「ご予約受付中」の看板がどのかしわ屋に出されるものも、鹿児島のクリスマスの風物詩となっています。

[写:labocho@flickr]


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)