かつてゴールドグランプリを受賞した焼そばが登場 「2017西日本B-1グランプリin明石」出展団体とご当地グルメ 麺料理 前編

兵庫県明石市にある県立明石公園で11月25日(土)26日(日)の二日間開催予定の、「2017西日本B-1グランプリin明石」に出展するまちおこし団体を紹介する企画、第二回目はご当地グルメの定番、麺料理の前編です。「ひるぜん焼そば好いとん会」「津山ホルモンうどん研究会」「佐伯ごまだしうどん大作戦」のみなさんが出品するご当地グルメをとりあげます。

■ひるぜん焼そば好いとん会「ひるぜん焼そば」

岡山県真庭市蒜山は、四季を通じて自然を満喫することができる、岡山県を代表する高原リゾート地です。また、英王室御用達として知られるジャージー牛乳の乳製品、希少なヤマブドウを使ったワイン、ひるぜん大根なども有名です。
ご当地グルメ

蒜山高原はキャベツの一大生産地です。高原キャベツと、かめばかむほど味の出る鶏肉を、濃厚な味噌ベースの甘辛ダレで絡めた「ひるぜん焼そば」は、地元の人々に愛され続けてきました。「ひるぜん焼そば好いとん会」は、そんな味噌だれの焼そばを「ひるぜん焼そば」というブランドに押し上げ、地域を元気にしようと活動するまちおこし団体です。かつて姫路で開催された第6回B-1グランプリで、ゴールドグランプリを受賞しています。
黒い専用Tシャツとハットからなるユニフォームと茶色のぼりが団体の目印です。公認店しか許されない「ひるぜん焼そば好いとん会」のシンボルを見つけたら一度味わってみたいですね。

■津山ホルモンうどん研究会「津山ホルモンうどん」

岡山県津山市は、津山城をはじめ、城下町の趣が残る重伝建選定を受けた城東地区、貴重な鉄道遺産を展示する津山まなびの鉄道館など、魅力的なスポットが数多くあります。

ご当地グルメ

津山ホルモンうどんは、鉄板の上で牛ホルモンとうどんが絶妙に絡む、味噌しょうゆ風味のにんにくタレの味わいが特徴です。ホルモンから出る独特な旨味がうどんと絡み合い、深みのあるタレとの相性も抜群です。津山では、なんと50軒以上のお店が何らかの形でホルモンうどんを提供しています。その中には50年以上前から提供しているお店もあるそうで、まさに地域に根ざしているご当地グルメと言えます。「津山ホルモンうどん研究会」は、ホルモンうどんを通じて地域おこしに取り組んでいます。
ご当地グルメ

ホルモンから出る独特な旨味がうどんと絡み合い、深みのあるタレとベストマッチの「ホルモンうどん」はビールとの相性も抜群ということです。市内のお店によっていろいろな個性溢れるホルモンうどんがあるので、食べ歩きにはもってこいです。

■佐伯ごまだしうどん大作戦「ごまだしうどん」

大分県佐伯市は、九州最東端にして、大分県最南端に位置します。山・川・海と三拍子揃った豊富な食資源があり、豊後水道でとれる豊富な魚介類を素材とした「佐伯寿司」をはじめ、山の幸・海の幸の丼、そして「佐伯ごまだし」など『食』でのまちづくりを推進しています。

ご当地グルメ

「佐伯ごまだしうどん大作戦」のみなさんは、大分県佐伯市のご当地グルメである「佐伯ごまだしうどん」を旗印として故郷を盛り上げるべく様々な活動をしています。古くから浦々の家庭料理として愛されている”佐伯ごまだし”は、材料の魚も味も各家庭で異なり、作るにはかなりの手間を要するそうです。そのだしを使った「ごまだしうどん」は「農山漁村の郷土料理百選」に選定されています。

ご当地グルメ

他にも「第8回B-1グランプリin豊川大会」にてゴールドグランプリを獲得した福島県双葉郡浪江町「浪江焼太国」の「なみえ焼そば」や、千葉県勝浦市「熱血!!勝浦タンタンメン船団」の醤油ベースでラー油が多く使われた「勝浦タンタンメン」など、各地のご当地グルメが出品予定ということです。

グランプリに来場したお客さんは、地域をPRするパフォーマンスやおもてなしの対応など、料理のおいしさだけでなく総合的な評価で、気に入った団体に割り箸で投票するシステムになっており、2日間で獲得した割り箸の総重量で、受賞団体を決定するということです。

「2017西日本B-1グランプリin明石」詳細
開催日時:11月25日(土)26日(日)9:30 ~ 15:30
会場:兵庫県立明石公園
料金:入場無料 料理には専用チケット(金券)が必要

0

externallink関連リンク

2017西日本B-1グランプリin明石 http://www.b-1gp-akashi.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)