ギネスブックにも認定された食材を使った漬物も・・・鹿児島の漬物食べ比べ

「食欲の秋」ということで前回はさつまいもを食べ比べましたが、今回は同じく東京・日比谷にある鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」を訪れた際に手に入れた鹿児島県の漬物です。

漬物

 

鹿児島には世界一大根としてギネスブックにも認定された「桜島大根」があり、桜島の特産品となっています。桜島大根は加工品としても利用されており、切干大根や漬物に広く利用されています。また「山川漬」といって400年以上前から鹿児島県山川地方に伝わる漬物もあります。山川漬は冬に大根を風に3、4週間さらして乾燥させてから漬ける方法で、乾燥させた大根に海水をかけながら杵でついて作る手法が特徴的です。

 

漬物

今回は桜島大根と使った「さつま漬け」と「山川漬」だけでなく、通常のたくわんに、たくわんの麦味噌づけ、また変り種として牛蒡の漬物の5種類をごはんと一緒に食べ比べしてみました。

■たくわん 漬物の人気選手はお客様のお茶といっしょに

たくわん

まずは漬物の定番たくわんを試食します。鹿児島県産の寒風干しされた大根を使用したたくわんです。鹿児島ではたくわんはお客さんが来たときにお茶と一緒に出す家もあるということです。そのまま食べると、甘さはすっきりしており、よくあるたくあんの甘ったるさはありません。寒風干しされたためコリコリとよい歯ごたえが楽しいです。ご飯にも当然よく合い、毎朝の定番ならこれ!といったところでしょうか。

TheNews 独断調査班評価【食感:3 塩見:2、甘さ:2、ごはんとの相性:3、お酒との相性:1、飽きないか:3(3段階評価)】

■たくわんのみそ漬け まるで味噌ラーメン?

たくわん

鹿児島県は麦味噌が主流です。麦味噌は麦に麹菌をつけてつくった麦麹を原料とした味噌で、全国でもつくられていますが、四国や九州の麦味噌は甘い味噌として有名です。その麦味噌で干したたくわんをつけた漬物です。ノーマルのたくわん同様食感が楽しいですがこちらはやわらかくごりごりとしています。食べてみるとふんわりとした味噌の香りが広がります。甘さはしつこくないですが塩が強く特徴的な味わいです。一番近いう味は味噌ラーメンみたいでは?という意見がありましたが適切な例えだと思います。そのため何個も続けて食べるるとやや飽きるかもしれません。ごはんには合いますが、単品だけでお酒のおつまみに食べてもよいのではないでしょうか?

TheNews 独断調査班評価【食感:2 塩見:2、甘さ:2、ごはんとの相性:1、お酒との相性:2、飽きないか:2(3段階評価)】

 

■牛蒡のピリ辛漬け スナック菓子のようにボリボリと

 

牛蒡、ごぼう

こちらは変り種、ごぼうの浅漬けです。鹿児島のごぼうは周年出荷されており、1月下旬から出荷される40センチほどの「新ごぼう」は,アクがなく香り高いことといわれており、サラダ感覚で生で食ることがてきるといいます。牛蒡をしょうゆと唐辛子で漬けた漬物です。しょうゆがしっとりと染み込んでいますが、食感はごぼうならではのコリコリとしています。この牛蒡のピリから漬けもたくわんと同様、鹿児島ではお客さまにお茶と一緒に出す家があるということです。たくわん同様飽きがこないので、スナック菓子のように談笑しながら食べるには向いてるのかもしれませんね。

TheNews 独断調査班評価【食感:3 塩見:3、甘さ:1、ごはんとの相性:1、お酒との相性:2、飽きないか:3(3段階評価)】

■山川漬(つぼ漬)大人から子供まで、鹿児島の家庭の味

山川漬

山川漬けはたくわんと同じ大根の漬物ですが、壺を使って漬けるのでつぼ漬ともいわれています。癖が少ないため大人から子供まで食べやすく、人気の高い漬物で鹿児島では家庭でも作られています。味はあましょっぱく確かに食べやすいです。原料に黒酢と砂糖をふんだんい使うためこうした味になるようです。今回買った商品はさら鰹節をつかっているのかかつおの風味が香りました。食感はやわらかいため、他の漬物に比べて食感は弱いと思います。ごはんとの相性は抜群ではないでしょうか。

TheNews 独断調査班評価【食感:1 塩見:2、甘さ:3、ごはんとの相性:3、お酒との相性:2、飽きないか:2(3段階評価)】

■薩摩漬 気品ある佇まいと上質な香り

薩摩漬

特産品である桜島大根をそのまま輪切りにして焼酎を加えた酒かすの漬け床に漬け込み、長期熟成・発酵させた漬物です。加工から出荷まで3年を要し、出来上った漬物はきれいなべっこう色をしていて大変気品のある佇まいをしています。食べてみると奈良漬に近い甘く濃厚な味わいです。お酒の香りが強く、食べた後の余韻を楽しむことができます。お酒の肴には最高の一品ではないでしょうか、ただし癖が強いため、好き嫌いは分かれそうで、飽きも早いかもしれません。

TheNews 独断調査班評価【食感:3 塩見:3、甘さ:1、ごはんとの相性:1、お酒との相性:2、飽きないか:3(3段階評価)】

今回は鹿児島県のアンテナショップに売っていた漬物5品を食べ比べてみました。どの漬物も用途に合わせて、食べ分けることができそうです。調査班でも女性は牛蒡のピリ辛づけ、酒のみは麦味噌漬け、甘党は薩摩漬け、、、など意見が割れました。飽きの夜長のお酒のおとも、行楽のお弁当に是非ためしてみたはいかがでしょうか?

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)