三重県の最強縁結びスポットは伊勢神宮ではなく『夫婦岩』

伊勢神宮から車でおよそ20分から30分、三重県伊勢市二見町にある『夫婦岩(めおといわ)』。 大海に高さ9メートルの男岩と高さ4メートルの女岩の2つの大岩が仲良く並ぶ風景は伊勢市の代表的な観光スポットのひとつです。写真の通り大注連縄で結ばれている夫婦岩ですが、この大注連縄は年に三回張り替えられ、近い時期では9月5日に張り替えが行われます。木遣り唄に乗って氏子らの手により夫婦岩に注連縄が張りわたされる行事は一般の参拝者も手送りで参加が可能です。

夫婦岩は古来より日の出をのぞむ遙拝所(ようはいじょ:離れた場所から神仏などを拝む場所)として祀られていました。夏至の前後1ヶ月間、岩間から日の出が見え、冬の間は満月が岩の真ん中からのぼります。夫婦岩は古来より日の出と共に神に拝むことができる神聖な場所だったのでしょう。

夫婦岩の沖合には、常世の国(古代日本人が信仰した神々の住む国)から神が依りつく聖なるものとして興玉神石が鎮座されており、夫婦岩はその鳥居とみなされていました。 古くは古神道における信仰で、自然に存在する象徴的な場所のうち、特に岩や山などを「神が宿る場所」として信仰されていました。

また、日本最古の歴史書である古事記には夫婦の神話が多く存在したことから、「神が宿る場所」である岩への信仰と結びつき、夫婦岩への信仰が生まれたと言われています。このように古代日本の信仰と結びついた夫婦岩は、今では縁結び・夫婦円満のご利益があるとして人気のパワースポットでもあります。大注連縄の張り替え神事の際には、古い縄の切れ端を夫婦円満のお守りとして持ち帰る人もいるそうです。

ちなみに、同じく三重県伊勢市の観光スポットである伊勢神宮には、「カップルで参拝すると別れる」というジンクスがあります。なんでも伊勢神宮の内宮でお祀りされている天照大神は女性の神様であるため、カップルで行くと神様が嫉妬して別れさせるというのです。そのためなので、三重県出身の筆者の周りの友人は、恋人ができると伊勢神宮ではなく夫婦岩を詣で、そのまま近くにある水族館の二見シーパラダイスに行くのが鉄板のデートコースでした 笑。

夫婦岩のある海岸線はなかなか気持ちのよいドライビングスポットでもあるので、三重県にお越しの際には立ち寄ってみてはいかがでしょう。

0

externallinkコメント一覧

三重県の最強縁結びスポットは伊勢神宮ではなく『夫婦岩』 へのコメント 1件 』

  • 投稿者:えび

    じゃあ、まず伊勢神宮に行って別れてから夫婦岩に行けばいいってことですね!

    0
  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)