カツオ節に値上げの動き!?

カツオ節の価格が徐々に上昇しています。四国地方の削り節メーカーでは、カツオパックや花カツオについてこの夏出荷分から7~15%の値上げが実施されました。他メーカーにも追随する動きがあり、秋から値上げが検討されています。要因は原料の冷凍カツオが高騰しているためで、特にカツオ節の原料の主力である海外巻網船の凍結品や南方物の相場が2014年度から徐々に上昇しています。このため、価格改定や量目の変更が相次ぐのではないかとの声も上がっています。

カツオ節や削り節の消費量は液体のダシに需要が移っていることや、年間消費量自体が落ち込んでいることから、2002年頃から右肩下がりです。市場縮小も懸念される中、値上げに踏み切ったのは、原料高による利幅の圧縮が深刻になっているからです。今後は国際市場の上昇や、海外の巻網船の不漁から、原料相場は高値で推移することが予想されています。合理化や効率化によりこれ以上のコスト上昇を吸収することは困難で、価格改定は実施せざるを得ないと見られています。

こうした動きを受け、削り節メーカーでは、現在の和食ブームを背景にダシの注目度が国内外で高まりをみせていることから、カツオ節を使ったレシピなどの提案を強化し、消費を広げて行きたいとしています。

[写:asobi tsuchiya@fliker]


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)