白ワインにぴったり!「イワシのトマトソース煮」

夏に旬を迎える魚といえばイワシ。最近ではすっかり高級魚になってしまいましたが、この時期の脂のしっかり乗ったイワシはやはり絶品です。でも大きなイワシはちょっと高いし、それにイワシは塩焼きかツミレぐらいしか思いつかないからちょっと敬遠気味という方におすすめしたいのが「イワシのトマトソース煮」です。イワシとトマトソースと聞くと、ちょっと首をかしげてしまうかもしれませんが、イワシとトマトの組み合わせはスペインやイタリア料理では非常にメジャーなもの。また、出来立てあつあつのものも美味しいですが、少し冷めたものをそのままおつまみにしたり、トマトソースごとパスタとあえたり、パンに乗せたりと使い勝手も抜群。手ごろな価格の小ぶりなイワシでもしっかりと旨みを味わえ、骨も気にならないため、ぜひおすすめしたい一品です。

<レシピ分量>
・イワシ2~3尾(大ぶりなものなら1尾、小ぶりなものなら5~6尾でも可)
・トマトの水煮1/2缶
・ニンニク1~2かけ
・オリーブオイル大さじ2
・塩少々
・砂糖少々
・赤唐辛子(好みで)

<レシピ手順>
1.イワシは頭を落としてワタを出し、手開きにしておく。背骨だけを外して、細かい骨はそのままで可。

2.フライパンにオリーブオイルを熱して、イワシを皮目のみ焼き付ける。

3.皮目が焼きあがったら一度取り出す。

4.同じフライパンに、みじん切りしたニンニク、種を抜いた赤唐辛子を入れて再び熱する。
このとき、ニンニクの香りが苦手な人はみじん切りではなく潰した状態で、辛いのが苦手な人は赤唐辛子を省いても可。

5.ニンニクがキツネ色になったらトマトの水煮を投入し、塩、砂糖を加えてとろりとするまで煮詰める。

6.イワシを戻し、トマトソースになじんだら完成です。

イワシは皮目のみを焼くので身はふっくらとしたまま。複雑な工程もなく、手開きさえできれば誰でも簡単に挑戦することができるメニューです。ぜひ白ワインとともにお楽しみください。

[写:Kanko*@fliker]


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)