夏の高水温時期に地磯からソフトルアーで狙うアカハタ釣り

ジメジメした天気が続いた梅雨も終わり、これから真夏の天気になっていくと本格的な釣りシーズンを迎えるのがアカハタです。アカハタは高級魚としても知られており、引きも強いので人気ターゲットとして知られています。そこで今回はソフトルアーで狙うアカハタ釣りを紹介します。

アカハタは堤防周りでも釣れますが、できれば人があまりいない地磯周りを攻めると釣果が伸びます。アカハタは比較的浅いエリアに潜んでいるので、釣り場の水深はそれほど気にする必要はありません。

タックルですが、ロッドは相手を根から引き離せるパワーがあるものを選んで下さい。地磯周りは平均サイズも大きいので、相手に力負けしないショアジギングロッドを使用することをおすすめします。リールは巻き取り力に優れるベイトリールが良いですが、慣れていないとライントラブルが多いのでスピニングリールでも良いです。ラインはPEラインの2号以上が必須で、根回りを攻めるのでショックリーダーは必ず接続して下さい。ルアーは甲殻類を模したソフトルアーがおすすめです。

釣り方は簡単で遠投して着底後、甲殻類が大きく跳ねる姿をイメージしながらアクションを加えるだけです。アカハタのアタリは明確なのですぐにアワセを入れて素早く根を切って下さい。また、ハタ類は成長が遅いので小型のものはなるべくリリースするように心がけて下さい。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)