旬のマグロとおにぎり型で作る簡単手毬寿司

旬のマグロのお刺身で作るお寿司です。お寿司は通常高級な印象がありますが、これなら旬のマグロもお手軽に楽しむことが出来ます。旬のマグロのお刺身と型があれば自宅でも簡単に美味しく楽しむことが可能です。

○レシピ分量
・お刺身のマグロ…適量
・穀物酢…大さじ2
・上白糖…大さじ1
・炊き立ての白飯…2合

○レシピ手順
1、穀物素大さじ2、上白糖大さじ1を混ぜ合わせます。
2、1を炊き立ての白飯に入れ、ご飯粒を粒さない様に注意しながらしゃもじで混ぜ合わせます。
3、酢飯をうちわ等で仰ぎながら湯気が上がらない程度に冷まします。
4、水をくぐらせて水気を切った型にマグロの刺身を2枚入れ敷くように並べます。
5、4の上に酢飯を入れます。
6、型を押し付け形成します。
7、崩れない様に型から出来上がった手毬寿司を取り出し完成です。

今回は旬のマグロのお刺身で作るレシピをご紹介致しました。お寿司は通常高級な印象がありますが、これなら旬のマグロもお手軽に楽しむことが出来ます。旬のマグロのお刺身と型があれば自宅でも簡単に美味しく楽しむことが可能です。

キハダマグロ6~11月、メバチマグロ4~5月、ミナミマグロ11月~3月、クロマグロ12~2月がマグロの旬で知られています。このようにマグロは種類により、旬の時期が異なる為、一般的な家庭用としてスーパーマーケット等の店舗でも比較的に良質なマグロが手に入りやすいことが考えられます。魚の旬を味わいたい時にもおすすめの食材と言えるでしょう。

このレシピのポイントは、マグロの隙間をなくして型に敷き詰めることです。マグロに隙間があると形成後その隙間からご飯がはみ出てしまいますので、マグロを敷き詰める際には注意が必要です。酢飯はお好みで加減しても良いでしょう。また、酢飯に刻んだインゲンやゴマを混ぜる等で彩りに工夫も可能です。

刺身の代わりにスライサーで薄く切ったきゅうりの手毬寿司にしたり、錦糸卵を添えたり、出来上がった手毬寿司のマグロの上に薬味を添えたりと見た目以上に作り手側も創作を楽しめるレシピになっております。見た目にも鮮やかな演出を楽しむ事が出来ますのでご宴会にもおすすめと考えられます。

旬のマグロを使用した手毬寿司のレシピを、ご家族皆様でお楽しみいただけます。普段のコミニュケーションやお子様のお手伝い、子供会の行事にもどうぞご利用ください。

[写:hiyang.on.flickr@fliker]

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)