ふっくらとしたタチウオの身を堪能できる和歌山のタチ重

和歌山県南部に位置する有田市の箕島漁港は、日本有数のタチウオの水揚げ量を誇っています。漁獲量日本一に輝いた年も多く、港には「タチウオ漁獲量日本一・有田市」と書かれたオブジェが建てられています。

淡白ながらも旨みが凝縮された新鮮なタチウオは、刺身や寿司にしたり、焼き魚や天ぷらにしたり、と様々な調理法で食されます。

タチウオに恵まれた地・有田市周辺で親しまれているのが「タチ重」です。蒲焼きにしたタチウオをご飯の上に乗せて、お重に詰めて提供されるタチ重は、コクはありながらも、ウナ重と比べてあっさりとしていて食べやすいと評判です。タチウオの圧倒的な存在感が引き立つタチ重を求めて、遠方から訪れる客も数多くみられます。

有田市内にある温泉旅館の鮎茶屋では、タチウオを素揚げしてからタレを塗って蒲焼きにする手間暇かけた調理法で仕上げた味わい深いタチ重を提供しています。絹のようになめらかな肌触りの天然の有田川温泉と共に、有田ならではの名物として親しまれています。

鮎茶屋の以外にも、有田市内では、複数の飲食店や旅館がタチ重を提供していて、それぞれにタチウオの旨みを引き出す工夫が加えられています。

[写:y kawahara@fliker]

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)