新春時代劇のようなネーミングが渋い!「長州騎兵隊 晋作」

今年もあとわずかで新年元旦を迎えます。前回に引き続き都内のアンテナショップで売っている「お手頃な」日本酒を紹介します。今回は東京都日本橋にある山口県のアンテナショップ「おいでませ山口館」からお手頃な、昔放送していたテレビ東京の新春時代劇に登場しそうなネーミングのカップ酒をご紹介します。

その名も「長州騎兵隊 晋作」、幕末の偉人高杉晋作の名前を冠したお酒です。山口県山陽小野田市にある地域の農業を基盤として酒造りを営んでいる「永山酒造」の地酒です。飲んでみると辛口ですっきりして、ほのかに甘く手軽に飲めるお酒でした。

TheNew調査班s独断評価 【味:4、香り:2、玄人度:3(5段階評価)】

今回のお酒:「長州騎兵隊 晋作 180ml」 氷山酒造240円(税込)

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)