静岡県由比町、港被害情報

前回の台風21号が静岡県清水区の由比漁港にサクラエビ漁港にとてつもない寛大な被害をもたらしました。長さ500メートルにも及ぶ防波堤も、台風による高波がいとも簡単にこえてきました。防波堤の置くには平成24年に新しく建てられた漁港があり、有名な水産物と言えば、サクラエビ、シラスなど。サクラエビ漁は、春漁と秋漁にわかれていて、丁度秋漁の真っ只中でした。シラス漁も同じ時期に漁が行われるため大打撃を受けました。漁で使う網は暴風で飛ばされ、何トンもあろうかと言うテトラッポト(波消しブッロク)は、高波の影響で崩壊し、それが漁網みに絡みつき穴を開けるなどの被害も多数ありました。

漁港の水揚げ場のいかにも頑丈そうな扉も破壊され、建物の中にまで海水が浸入し、まるで記憶に新しい、”あの3.11”のようでした。港だけではなく国道、高速道路、JRなどにも影響を及ぼした台風21号。港近くの飲食店でも復旧のめどは立っておらず、その店舗の看板メニューであるシラスやサクラエビを使った料理も、営業を再開しても価格高騰により営業が難しくなりそうだ。この時期に上陸する台風の特徴は、大型で勢力が非常に強い。海からやってくるので水産関係に寛大な被害をもたらします。おいしいサクラエビとシラス。早い復旧を願うばかりです。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)