ブラックバスバーガーをご当地バーガーとして 滋賀県の珍味

滋賀といえば琵琶湖やます寿司と近江牛、そして琵琶湖周辺に自然がいっぱい、というのが世間でのイメージではないでしょうか。ところが最近、滋賀の魅力を知ってもらおうと、様々な取り組みがなされています。その中で、滋賀で有名なナマズとブラックバスを使った料理が人気ということです。

琵琶湖県立博物館「にほのうみ」にて、ナマズの天丼とブラックバスの天ぷらをたべることができます。ナマズの天丼は、少しねっとりとして脂の乗った白身魚料理で、クセもなく、天ぷらがサクッとあがっているので、抵抗なく食べることができるシンプルな料理です。ブラックバスも、もとはスズキ系の白身魚なので、サクッとした天ぷらに、ハーブの香りがして、美味しくいただけます。琵琶湖では、外来魚としてブラックバス対策が悩みのタネですが、料理にして食べることで、少しでも駆除に貢献することができます。ブラックバスについては、ブラックバスバーガーをご当地バーガーとして売る店もあり、臭くて食べられない魚のイメージをなくす取り組みげされています。いずれも滋賀県に行かなければ食べられない味ですので、その希少性を目当てに、是非ご賞味ください。

[写:aki.kajitani@flike]


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)