三崎はマグロだけじゃない!絶品の味覚「メトイカ」

三浦半島の港町、三崎漁港はマグロが有名。しかし、三崎で味わえる味覚の中で、美味しいものはマグロだけではありません。三崎には各種の魚が上がる港ですが、中でも絶品と評判なのが「メトイカ」です。

メトイカは小型のケンサキイカの一種で、夜になると目が光って見えることから「目灯イカ」、それが転じて「メトイカ」と呼ばれるようになったと言われています。三崎のメトイカは小型ですが、その分、味がしっかりと詰まっています。

また、三崎のメトイカは県外へはほとんど出荷が行われていません。メトイカは魚体が小さく、流通に乗せるのが難しいというのが主な理由ですが、そのため三崎のメトイカは新鮮そのもの。冷凍ものなどはなく、お店で提供されるメトイカは常にとれたての新鮮なものが味わえます。

メトイカの旬は春から夏にかけての季節。刺身や塩辛など、様々な料理が人気ですが、特におすすめしたいのはソテー。小型であるという特徴を生かした丸ごとのソテーは、しっかりとした身の弾力と甘味だけでなく、新鮮なワタでしか味わえない複雑な旨みが堪能できます。メトイカの丸ごとソテーはどちらかというと家庭料理向けのレシピなので、お店で提供されることは稀ですが、初夏の三崎の料理店のメニューに載っていたときには、ぜひ注文してみることをお勧めします。

[写:hoge asdf@fliker]


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)