檜枝岐で一泊 江戸時代の歌舞伎舞台の跡も【のんびり一泊旅行で尾瀬へ!】

尾瀬のお勧めとして【檜枝岐 → 沼田峠 →尾瀬沼 → 沼山峠】と言うルートを、前回ご紹介しました。尾瀬沼の周りを散歩して、一泊するのも他では味わえない経験が出来ると思います。しかし、尾瀬では、自然を守るために規制があり、シャンプーなど使えません。汗を流しゆっくり温泉を楽しみたい場合は檜枝岐で一泊するのがお勧めです。温泉は、旅館にもありますし、市営のもあります。無色透明の温泉は、肌がとてもしっとりしました。

温泉の他に、お食事も、とても魅力的です。たくさんの小皿の中は、ほとんどが山菜です。ブドウの新芽、コシアブラ 芋の木、ヨモギ、舞茸の天ぷらに、はっとう、エゴマ、ブナハリタケ、ワラビ、アケビの蔓、山ウドの和え物に、サルナシの実の果実酒。ニシンに、ヤマメ、そして、ここの名物、裁ち蕎麦…聞いただけではあまり、馴染みのないものばかりですがどれも美味しい山菜です。

檜枝岐には、他にも、江戸時代の歌舞伎舞台の跡があります。縁切り寺、など、観光もできます。 縁切と言うととかく人の縁、とりわけ男女のイメージがありますが縁を切りたいものは、人の縁だけではなく、病気、しがらみ、など、すべてに効くそうです。たくさんのハサミが奉納されていて独特の雰囲気があるお寺です。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)