兵庫県ならではの名物を味わえるタコ飯

北海道に次ぐタコ類の水揚げ量を誇る兵庫県。兵庫県のなかで、最もタコの水揚げ量が多いのが、明石市です。明石タコは、潮の流れが速いのが特長の明石海峡付近で育つことから、身がしっかり締まっていて美味しいという評価を得ています。明石のタコを生かした名物といえば、明石焼も有名ですが、地元の漁村では他にもタコを使った様々な料理が作られてきました。
明石でタコを保存する方法のひとつとして根付いている方法のひとつが、干しダコです。内臓やエラを取り除き、頭や足を開いた形で天日干しして作られる干しダコは、魚の棚商店街などの魚屋にも並んでいて、地元ではお馴染みの食材のひとつです。

干しダコは、魚の干物のようにあぶって食べることもできますが、干しダコを使った郷土料理として人気があるのがタコ飯です。タコ飯は、干しダコを加えた醤油味の炊き込みご飯です。あぶった干しダコを刻んだ物や線切り生姜、調味料を米と共に炊き上げるのが伝統的な作り方です。近年では、タコと調味ダレをセットにしたタコ飯の素も市販されていて、手軽にタコ飯を味わってみたいという人から支持されています。

また、タコ飯の知名度を上げる上で貢献しているのが、新神戸駅や西明石駅等で販売されている淡路屋の駅弁「ひっぱりだこ飯」です。タコ壺を模した容器に入ったタコ飯は、兵庫県ならではの名物を味わえると評判を呼んでいます。

[写:veroyama@fliker]

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)