サメの美味しさに触れられる広島県三次市のワニ料理?

広島県の山間部に位置する三次市周辺では、古くからサメを食べる習慣があり、地元ではワニ料理と称されています。サメは、腐りにくい性質を持つことから、山間部でも食べられる貴重な海の幸として親しまれてきました。流通が促進され、様々な鮮魚類が手に入るようになった現在でも、サメは地元の人々に愛される食材です。飲食店で提供されるのみならず、スーパーマーケットの鮮魚売り場でもサメを取り扱っている店舗がみられます。

生のままでとろりとした食感を楽しめる刺身や寿司のほか、ウインナーやフライといった洋風にアレンジしたワニ料理もあります。サメの身は、あっさりとして食べやすく、料理のアレンジの幅も広いのが特長です。秋から冬にかけてがサメの旬で、身が締まって旨みの詰まったサメを堪能できます。
三次市に本社をおくフジタフーズでは、ワニバーガーやワニ焼きそばなど、サメを使ったメニュー開発に精力的に取り組んでいます。関節痛や肌質の改善に効果が期待できるサメの軟骨の栄養価の高さにも注目し、軟骨の粉末を生地に練り込んだ焼き菓子も販売しています。

名産品のぶどうのピオーネと共に、三次市を代表するグルメとして、ワニ料理は日々進化を続けています。

[写:sotamann@fliker]

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)