北陸の工芸の魅力を世界に発信するアワード募集中 最優秀賞は200万円

富山県によると、11月16日から開催する「国際北陸工芸サミット」で実施される「U-50国際北陸工芸アワード」の参加者を現在広く募集しています。

「国際北陸工芸サミット」は、文化庁と北陸三県が協力して11月16日~23日をコア期間として開催するイベントで、北陸の工芸の魅力を世界に発信することを目的としています。現在募集中の「U-50国際北陸工芸アワード」は50才以下の国籍は特定しない、作家・職人・デザイナー等、工芸制作に従事している個人もしくはグループを対象としています。ファイナリスト6名(組)は北陸の工芸環境で企業・工房・職人などと共同で最終審査へ向けて、新しい作品を創ることになります。

アワードの表彰式は11月23日を予定しており、最優秀賞者には200万円が贈られることになります。締め切りは5月31日(水) 23時59分までとなっています。

 

【U-50国際北陸工芸アワード詳細】

○テーマ
「THIS IS 工芸 伝える。創る。」
○応募登録期間
5月31日(水) 23時59分まで
○賞金
最優秀賞 200万円、1名(組)
優秀賞 50万円、1名(組)
奨励賞 30万円、4名(組)
損保ジャパン日本興亜・特別賞 30万円、1名(組)
○ファイナリスト特典
「協同創造プログラム」ファイナリスト6名(組)には、北陸の工芸環境において、ホスト(企業、工房、職人等)と
協同で新しい作品を創造する特別プログラムにご参加いただきます。
○応募資格
(1) 50才以下(2017年5月31日時点で)
(2) 国籍不問
(3) 作家、職人、デザイナー等、工芸制作に従事している個人もしくはグループ(法人や団体などへの所属は不問です。※ただし所属先から事前に参加承認を得てください。)
(4) 2次審査を通過した場合に、ファイナリスト特典の「協同創造プログラム」に
参加できること
(5) 日本国内から応募される方に限り、国内外の工芸アワード/コンペ等において
入賞歴のある方

○募集対象
(1) 当アワードの1次審査では、これまでの活動や作品、工芸へ対するビジョンを
選考の対象にします。

(2) 1次審査に通過された場合に限り、下記が審査の対象となります。
① 2012年6月1日以降に制作された未発表の作品、もしくは2012年6月1日以
降の活動から生まれた未発表の成果品(2017年7月14日(金)までに完成できる作品に
限り、応募時点で未完のものでも可)

② 金属、漆、木、紙、布、陶磁、ガラス、革、その他(またはこれらの組み合
わせ)によって制作された作品
③ 形体とサイズ:立体作品または平面作品
3辺のサイズの合計が250cm以内。重量は20kg以内。(額縁や専用台なども寸法・重量に含む)
④ 1名(組)につき1作品

【スケジュール】
(1) 登録料:無料
(2) 1次審査結果発表:2017年7月中旬
(3) 2次審査結果発表:2017年9月上旬
(4) 最終審査:2017年11月22日(水)
(5) 表彰式:2017年11月23日(木・祝)
(6) 展覧会:2017年11月16日(木)~2017年1月8日(月)
(会場:富山県美術館 富山県富山市木場町3-20)

0

externallink関連リンク

【詳細や応募】
国際北陸工芸サミットホームページ
https://kogeisummit.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)