阿波踊り、鳴門の渦潮…「農泊」「民泊」で地方創生を推進

現在、一般の民家に泊まる「民泊」ビジネスが確立されるとともに、「農泊」という取り組みも注目されています。グリーン・ツーリズムといわれる農山漁村滞在型旅行の一環で都市と農山漁村を行き交う新たなライフスタイルを広め、都市と農山漁村それぞれに住む人々がお互いの地域の魅力を相互に共有・共感することを目的とした取り組みです。

「農林漁業体験民宿」の民間唯一の登録実施機関として宿泊予約サイトを運営している株式会社百戦錬磨は5月17日、徳島県美馬市と、民泊を活用した地方創生の推進に関する協定を締結しました。

この締結は、百戦錬磨が提供する農泊・民泊サービスと、徳島県および美馬市の有する豊かな地域資源を効果的に活用し、地方創生推進の加速を図ることを目的としています。徳島県は阿波踊りや四国お遍路、鳴門の渦潮、穴吹川など多様な観光資源を有する一方、”日帰り客”も多く、観光振興の観点から”宿泊”への取組みは課題の一つでもあったといいます。協定では、古民家・廃校などを民泊施設としての転用や、移住定住の促進などを目指していくということです。

0

externallink関連リンク

民泊仲介サイト「STAY JAPAN(ステイジャパン)」
https://stayjapan.com/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)