戦(いくさ)のノウハウが詰まった最先端の城に迫る! 『お城EXPO 2017』に「明石城」が登場

一般社団法人明石観光協会によると12月22日から24日に神奈川県横浜市で開催される『お城EXPO 2017』に「明石城」を出展するということです。

『お城EXPO』は最近人気の「城めぐり」「城郭めぐり」がブームとなっていることを背景に、2016年12月より開催されているイベントです。今年は城絵図展や公益財団法人日本城郭協会が定める「日本100名城」のパネル展や城下町の自治体が集まった城めぐり観光ゾーンなどの展示が用意されています。また、お城のプロ達によるトークショーなども開催され、お城の魅力と知見に思う存分に楽しめるプログラムが用意されているということです。

明石城は2019年には築城400年を迎える明石を代表する名所です。徳川家康の曾孫で明石、三木、加古、加東の四郡10万石を領した小笠原忠真が将軍家と姫路藩本多家の強い支援をうけて築いた城で、日本100名城や国の指定重要文化財にも選ばれていることからも非常に文化的価値の高いお城であることが分かります。今回明石城について紹介されるブースは城めぐり観光情報ゾーンに出展され、特大サイズの明石城ポスターが展示され、アンケートに答えることで、明石工業高等専門学校で作られた、明石城のペーパークラフトをもらうことができます。

明石城
※展示される明石城ポスター

なんといっても目玉は「お城ジオラマ・お城模型展」のコーナーで公開される明石城のジオラマです。今回初公開となるこのジオラマは城郭復元マイスターとして知られる『お城ジオラマ復元堂』の二宮博志さんによる通称「城ラマ」で、明石城をその地形まで含めて1,500分の1のスケールで再現した作品となります。

明石城
※二宮博志さん(向かって右)により製作中の明石城の『城ラマ』

また、22日の15時からは二宮さんのワークショップ・セミナー『「戦国」の威風が残る「明石城」を語る』が予定されていて、大坂の陣後に築かれた、当時の戦のノウハウが詰まった最先端の城である明石城の真の姿に迫る内容になっているということです。

『お城EXPO 2017』詳細
■開催日時
12月22日(金) 13:00~21:00(最終入場20:30)
12月23日(土・祝) 10:00~18:00(最終入場17:30)
12月24日(日) 10:00~17:00(最終入場16:30)

■開催場所
パシフィコ横浜 会議センター

■料金
・入城券(テーマ展示の観覧のみ)大人=前売1,500円、当日1,800円/小中学生=前売800円、当日500円
・厳選プログラム指定券 一律1,000円
・ワンデイ入城券(テーマ展示と厳選プログラムが終日楽しめます)一律3,500円(前売のみ、数量限定)
※全て税込

■イベントのお問い合わせ
お城EXPO実行委員会

0

externallink関連リンク

お城EXPO実行委員会 http://www.shiroexpo.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)