熊本・阿蘇で育ったあか牛の肉を堪能できる「あか牛丼」

熊本県は水と緑に恵まれた自然あふれる土地です。その中でも広大なカルデラをもった阿蘇地方は全国的にも有名な土地です。その阿蘇で育てられている熊本のブランド牛が「あか牛」です。あか牛は阿蘇の広大な草原に放牧されて育てられています。あか牛という名前は毛の色が赤茶色であることからきています。熊本はこのあか牛の飼育頭数が日本一なのです。無農薬で栄養たっぷりの牧草を食べ、きれいな湧き水を飲んでストレスなく育ったあか牛肉の特徴は、赤みが多く、うま味とやわらかさを兼ね備えていることです。

また、脂肪分がそれほど多くないため、ヘルシーな牛肉でもあります。そんなあか牛の肉を堪能できるのが「あか牛丼」です。あか牛丼は、レア状態に焼かれた肉が盛られ、一緒に半熟たまごがのっていいて、レア状態で焼かれているため、肉のやわらかさとジューシーさを堪能できます。一緒にわさびが薬味として添えられていて食欲がそそられます。

脂肪分が少ないため、しつこくなくお腹にもたれることもありません。女性にも食べやすいどんぶりです。あか牛丼は、阿蘇にある飲食店はもちろんのこと、熊本市内のあか牛肉を扱っている飲食店でも食べることができます。お店ごとにタレの味や薬味などが異なるため、いろんなお店をまわって味の違いを味わってみるのもいいでしょう。

「画像:筆者撮影」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)