キャラメル・ソースのような自家製・黒蜜が美味! 黒蜜ときなこのソフトクリーム

東京有楽町にある交通会館のソフトクリームを食べくらべ企画。前回は北海道のアンテナショップ「北海道どさんこブラザ」のソフトクリームでしたが、今回は「まちからむらから館」のイートインコーナーで売られている「黒蜜・黒豆きなこかけソフトクリーム」と「ろくじか新鮮ミルクソフトクリーム」です。イートインコーナーは喫茶形式になっていて冬でも温かいコーヒーと一緒に楽しむことができます。

「まちからむらから館」は全国の商工会から厳選された特産品が集まっており、日本で唯一の公設地域総合専門館ということです。「黒蜜・黒豆きなこかけソフトクリーム」は沖縄の黒砂糖から作った自家製の黒蜜と、丹波の黒豆きな粉がかかったソフトクリームです。黒蜜がまるでキャラメルのようでとても濃厚で優しい甘さです。またきな粉の苦味がほどよいアクセントで飽きずに食べ進めることができます。

また、「ろくじか新鮮ミルクソフトクリーム」は今回小サイズのおためし版を食べました。濃厚でとても甘いソフトですが牛乳の味が、口にひろがりキャッチコピーの「昔、懐かしい・・・」気分になりました。

TheNews 独断調査班評価
黒蜜・きなこ【味:2、口当たり:2、風味香り:1、甘さ:3(3段階評価)】
ミルクソフト【味:2、口当たり:2、風味香り:2、甘さ:3(3段階評価)】

今回の商品
「黒蜜・黒豆きなこかけソフトクリーム」 480円(税込)
「ろくじか新鮮ミルクソフトクリーム」 250円(税込)

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)