正しい腹巻きの使い方。ずっと着けっぱなしは禁物!

冷え対策に多くの人が使っている腹巻き。お腹まわりを温めて冷えを防ぐアイテムですが、使い方はちゃんとあっていますか?ただお腹の周りに着用すると言っても、下着の上からor下に着けるのか、ただつけるだけじゃなくてカイロを貼るのかどうか…。保温効果が抜群に変わる、腹巻きの使い方をいくつかご紹介します。

素材によって着け方を変えよう
腹巻きといっても、素材によってはいろんなタイプがありますよね。例えば汗を吸収しやすく肌触りの良いパイル地や、保温効果に優れているヒートテック素材など…。基本的に、パイル地のものやヒートテック素材のものは、肌に直接当てることに意味があります。逆にニットやウールのように、地肌にあてることでゴワゴワorチクチクするような素材なら下着の上から当てましょう。どんな腹巻きも直接肌に巻いた方が保温効果は優れます。ですが素材のせいで肌がかぶれを起こしては意味がありません。腹巻きの素材で肌に負担がかかりそうになければ、直接地肌に巻いて使ってみてくださいね。

長時間のつけすぎは禁物
腹巻きをつけると「温かい」ことが分かります。四六時中着けていたい、という気持ちも分かりますが、腹巻きをずっと着け続けるのはおすすめできません。腹巻きをずっと着けっぱなしだと、身体が自分自身で体温を上げる働きが下がってしまいます。腹巻きに頼りっぱなしになるため、やがて自発的な体温の上げ方を忘れてしまうのです。こうなると、腹巻きを外したときに身体が冷えやすくなり、冷え性が逆に悪化してしまいます…。腹巻きを着けるときは「外出時のみ」や「睡眠時のみ」など、なるべく時間を限って使うようにしてくださいね。

カイロを張ると保温効果アップ
腹巻きにカイロを貼っておくと、腹巻きの持つ保温効果がさらにアップします。最初からカイロを入れるためのポケットがついている腹巻きなら、そのポケットを利用しても良いですね。お腹に貼っても良いですし、腰に貼って背中側を温めるのもOK。特に生理中の女性にはおすすめの方法です。ただし腹巻きにカイロを貼りつける場合は、なるべく腹巻きを下着の上から着けるようにしましょう。直接肌にあて続けると、カイロの温度で低温やけどを起こす可能性があります。低温やけどになると、皮膚が赤くかぶれたり水ぶくれができます。カイロと腹巻きの組み合わせは、その日の気温や体調と相談しながら決めてみましょう。

writer:さじや


externallink関連リンク

腹巻でお腹を温めて皮下脂肪とサヨナラ 必見!ポッコリお腹を原因別にぺったんこにする方法 必見!女性ホルモンの分泌をUPさせる3つの方法 今すぐポカポカ! 簡単にできる冷え対策の裏技3選 知らなきゃ損!カイロの貼り方をマスターして寒さ知らずに
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)