那須で海外旅行【その2】玄関を過ぎたら…そこはモンゴル草原? 那須で海外旅行

那須サファリパークや、日帰りバスで行くアウトレットツアーなど、余暇に人気のエリア那須。そこではなぜか那須式世界旅行風ができるということで、前回はイギリス風情を感じましたが今回はなんと「モンゴル」です。。

玄関を過ぎたら、そこはモンゴルの草原…と感じるようなモンゴル感満載です。モンゴルの移動式住居のゲルが並び、日本とは思えない光景がある場所がありました。「ゲル」は、モンゴルから本場のものを直輸入しており、中に設置している家具もモンゴル製です。トイレとお風呂は外にあるため、夜にトイレへ行くのは少し不便かと思いましたが、ゲルの近くに何個も設置されており、あまり不便は感じませんでした。また、お風呂はなんと温泉!女性には嬉しいアメニティも揃っていて、細かなところまで気配りが行き届いています。受付がある本館にはモンゴルに関する本や豆知識などが用意されておりちょっと目を通せばモンゴル通になれそうです。

那須 モンゴル

特筆すべきは、夕食の時に馬頭琴の演奏を聞ける事です。なんとも言えない音色に目を閉じるとモンゴル草原が見えてきそうでした。馬頭琴の演奏を間近で聞くことで、とても贅沢な気分に浸ることができました。私たちが泊まった時は、あいにく雨の日で、綺麗な星空を眺めることができませんでしたが、星空もとても綺麗に眺めることができるそうです。時期によっては、30分間、消灯する時間を設け、夜空を楽しむ機会を提供してくれるということです。

また翌日には、モンゴルの伝統衣装を着る体験もできました。着付けにも伝統文化ならではの決まりがあるそうで、モンゴル出身のスタッフから詳しいことを丁寧に教えていただけます。

ちなみに、ゲルの中は冷暖房完備ですが、ゲルという構造上窓がありません。そのため、空気清浄機があるとは言え部屋の中は閉め切った状態になりますが、かえってゲルならでは空気を味わえます。次回は晴れた日にもう一度行きたいと思いました。日本にいながら、異国情緒を味わえる、そんな那須の一面を今回もご紹介しました。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)