那須で海外旅行【その1】イギリス?でも料理はイタリア風

那須は、東京から新幹線で1時間ちょっとで行ける観光地で、那須サファリパークや、最近では、日帰りバスで行くアウトレットツアーなどもあり、余暇に人気の場所ですが、そんな那須でなぜか那須式世界旅行風ができるということで、今回はイギリス風情を感じることができるスポットを2箇所紹介します。

まずはイギリス風、最初に訪れたのがステンドグラスミュージアムです。一見したところミュージアムにも、結婚式場にも見えます、プロポーズ場所としても使えそうですが、ミュージアムとして見学が出来ます。全てのステンドグラスは、主にドイツなど海外からの輸入で、建物はそのステンドグラスに合わせて建てたイギリスの建物風になっています。内部は教会風で、オルガンやオルゴールの演奏を聴きながら、ゆっくり過ごすことも出来ます。併設されて居るカフェで、まるでアフタヌーンティーのように、デザートを食べたりゆっくりする事も出来ます。(デザートは、パンナコッタ…イタリアでしたが。)

もう1つのイギリスは、ペニーレインというパン屋兼レストランです。イギリスというより、ビートルズの館と言った方が相応しいようなお店でした。たくさんのビートルズのコレクションに囲まれた店内には、美味しいパンが並んでおり、様々なパンが楽しめます。特にブルーベリーパンは有名ということですが、夜はほとんどのパンが売り切れになるようです。レストランで食事をすることも可能なので。(ここも食事はイギリス料理ではありませんでした。)

日本にいながら少し違った雰囲気を味わえる、そんな那須の一面、イギリス編をご紹介しました。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)