短気が生んだソウルフードに、真っ黒なカレー!?「2017西日本B-1グランプリin明石」出展団体とご当地グルメ 飯もの・丼系 後編

兵庫県明石市にある県立明石公園で11月25日(土)26日(日)の二日間開催予定の、「2017西日本B-1グランプリin明石」に出展するまちおこし団体を紹介する企画、第三回目はガッツリ人気!飯もの・丼系のご当地グルメ「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」、「大村あま辛カレーうまか隊!」のみなさんが出品するご当地グルメをとりあげます。

■今治焼豚玉子飯世界普及委員会「今治焼豚玉子飯」
愛媛県今治市は、サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」があります。また、戦国時代に来島海峡の急潮を熟知し船を自在に操り活躍した日本最大の海賊・村上海賊のストーリーは、日本遺産に認定されています。

「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」は、「今治焼豚玉子飯」をツールに今治を活性化する事を目的とした団体です。これまでも各地で開催されるB-1グランプリ(R)に出場しており、「2016 西日本 B-1グランプリ in 佐伯」では4位入賞を果たし、10大会連続の入賞を記録しています。

今治焼豚玉子飯は、どんぶりにご飯をよそい、スライスした焼豚をのせ、その上に半熟の目玉焼きをトッピングし、甘辛いタレをかけるだけ、わずか数十秒で出来上がります。このいたってシンプルなスタイルは今治人の気質に起因しているそうで、イラチで(気が短い事)、料理が早く提供されないと我慢できない気質のため、旨い・安い・ボリュームがあるのは当たり前、なおかつ早く提供されないとダメだそうです。

■大村あま辛カレーうまか隊!「大村あま辛黒カレー」
長崎県大村市は、キリシタン巡礼の地としても有名です。また、「花のまち」としても知られており、国指定の天然記念物オオムラザクラ、5月には花菖蒲が公園内を埋め尽くし、西日本一を誇る大菖蒲園となるそうです。

「大村あま辛カレーうまか隊!」は、大村市はカレーのまち!をスローガンに、大村市の歴史や食文化を取り入れたご当地グルメ「大村あま辛黒カレー」をひっさげて、2008年より多くのイベントに参加して「カレーのまち!大村」をアピールしています。特有の「あま辛」な食文化と「キリシタン文化発祥の地」大村市を広め、「まちおこし」の起爆剤となるよう全国の地域振興イベントや食育活動に参加している、多彩な分野でのまちおこし活動を行っているボランティア団体です。

「大村あま辛黒カレー」は、400年以上も前(1582年 <十五夜に>)に、大村市からローマへ旅立った「天正遣欧使節四少年」の波乱万丈の「甘い(あまい)旅立ち」と帰国してからの「辛い(つらい)キリシタン弾圧」人生をも表した、大村の地(黒土)で育つ野菜やフルーツをふんだんに使用したまちおこしご当地カレーです。口に入れた瞬間フルーティーな甘さが広がり、あとから追いかけて来るように、スパイシーな辛さが交わって一度口にするとクセになる絶妙な味をかもし出す、追いかけっこする甘さと辛さが特徴の、まっ黒いカレーです。体に優しい『竹炭粉』を使用する事で、製造後一週間冷蔵保存して深い味わいをかもし出すといいます。

「2017西日本B-1グランプリin明石」では、他にも様々な団体が魅力的なB級グルメを出店する予定です。この機会に、全国のご当地グルメを味わってみてはいかがでしょうか。

「2017西日本B-1グランプリin明石」詳細
開催日時:11月25日(土)26日(日)9:30 ~ 15:30
会場:兵庫県立明石公園
料金:入場無料 料理には専用チケット(金券)が必要

0

externallink関連リンク

2017西日本B-1グランプリin明石 http://www.b-1gp-akashi.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)