世界進出を果たしたご当地グルメも! 「2017西日本B-1グランプリin明石」出展団体とご当地グルメ 飯もの・丼系 前編

兵庫県明石市にある県立明石公園で11月25日(土)26日(日)の二日間、「2017西日本B-1グランプリin明石」が開催されます。B-1グランプリの正式名称は「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」といい、B-1グランプリの「B」は地域BRAND(ブランド)の「B」であり、まちを盛り上げ地域ブランドを確立しようと日々活動するまちおこし団体の共同PRイベントです。

グランプリに来場したお客さんは、地域をPRするパフォーマンスやおもてなしの対応など、料理のおいしさだけでなく総合的な評価で、気に入った団体に割り箸で投票するシステムになっており、2日間で獲得した割り箸の総重量で、受賞団体を決定するということです。今回の「2017西日本B-1グランプリin明石」には、関西・中国・四国・九州の西日本を中心に全国各地から24のまちおこし団体が出展するということで、TheNewsでは出展団体とご当地グルメを紹介していきました。前回は麺系のご当地グルメを紹介してきましたが、今回はガッツリ人気!飯もの・丼系のご当地グルメです。「うまいでぇ!加古川かつめしの会」、「佐賀市はシシリアンライスdeドットコム」のみなさんが出品するご当地グルメをとりあげます。

■うまいでぇ!加古川かつめしの会「加古川かつめし」

兵庫県加古川市は兵庫県下最大の一級河川「加古川」の水の恵みを受けて発展してきた町です。花火大会やツーデーマーチ、マラソン大会といったイベントや国宝鶴林寺に代表される歴史資源など、魅力たっぷりです。

ご当地グルメ

「うまいでぇ!加古川かつめしの会」は、かつめしを通じて様々な活動を展開することにより、人と人とをつなぎ、加古川のまちを元気にすることを目的としています。その活動は国内にとどまらず、今年8月には”加古川かつめし大使”に任命された「うまいでぇ!加古川かつめしの会」の副会長がブラジルを訪問し、かつめしの作り方を伝授してきたそうです。

加古川かつめしは、ご飯の上に叩いて平たくしたビーフカツをのせ、デミグラスソース系のたれをかけたものを洋皿に盛り、お箸で食べるメニューです。この洋皿にお箸というのが実に大きなポイントで、かつめしが戦後間もない頃に加古川駅前の食堂で考案された「お箸で気軽に食べることができる洋食」というルーツからきていると言われています。今では、加古川市やその周辺の150店舗以上で食べる事ができます。また、スーパーでは専用のたれが販売され、家庭にも普及し、学校給食のメニューにも取り入れられているそうです。

ご当地グルメ

■佐賀市はシシリアンライスdeドットコム「佐賀シシリアンライス」

佐賀県佐賀市は、自然豊かな歴史と伝統が今なお息づく城下町です。秋の大空を100機ものカラフルな熱気球が彩る「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」や、800体以上の恵比須さまを巡る街歩きがオススメです。

ご当地グルメ

「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」(=通称「シシこむ」)は、佐賀のご当地グルメ「シシリアンライス」を通じて佐賀を元気にしたい!と活動しているボランティア団体です。「西日本B-1グランプリin明石」では、佐賀をPRする小学生を募集し、参加児童の旅費・旅行保険代・PRグッズ製作費を負担するなど、子どもたちが、ふるさと佐賀を学び、誇りに思い、様々な体験を通じてチャレンジする心を持ってもらうための活動にも取り組んでいるそうです。

ご当地グルメ

佐賀シシリアンライスとは、あたたかいご飯の上に、生野菜(レタス・トマト・コーン等)と炒めたお肉と玉ねぎを乗せ、仕上げにマヨネーズをかけたものが基本形です。お肉の種類は問わず佐賀牛や三瀬鶏といった佐賀の名産やイノシシ肉を使用している所もあり、それぞれのお店でオリジナルのシシリアンライスを提供しています。

次回は、飯もの・丼系 後編です。「大村あま辛カレーうまか隊!」の「大村あま辛黒カレー」と、「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」の「今治焼豚玉子飯」を紹介します。

「2017西日本B-1グランプリin明石」詳細
開催日時:11月25日(土)26日(日)9:30 ~ 15:30
会場:兵庫県立明石公園
料金:入場無料 料理には専用チケット(金券)が必要

0

externallink関連リンク

2017西日本B-1グランプリin明石 http://www.b-1gp-akashi.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)