焼きあごをそのままがぶり! カズオ・イシグロさんの故郷の特産品

都内・日本橋にある長崎県のアンテナショップ「長崎館」にて入手したかわいらしい焼酎4本の飲みくらべのおまけとして、焼酎に合うおつまみのご紹介、後編はつまみの王道!一匹一本物の干物「つまみあご(有頭)」です。

旨みがつまった魚の代表格である「あご」は九州では出汁をとる際によく使われることで有名です。その「あご」を丸々一本焼き上げたのち天日干しにした「つまみあご」は、江戸時代に南蛮貿易が長崎の出島に集約されるまで、オランダやイギリスの商館が並ぶ国際貿易港だった平戸市で一番の焼きあごを作り続けている篠崎海産さんの商品です。

焼酎にあうおつまみ

匂いは強烈で魚が苦手な人には辛いかもしれません。そのままがぶりと食べると硬くガリガリ味をかみ締めながら食べていく、最強のお酒のお供です。また軽く炙ると香ばしくなり、臭みがなくなり、やわらかく食べやすくなります。

焼酎にあうおつまみ
TheNews 独断調査班評価【味:5、香り:4、食感:2 お酒との相性:焼酎(5段階評価)】

【今回の焼酎】
「つまみあご(有頭)」 530円(税込)発売:篠崎海産

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)