万人に愛される味、壱岐の名のつく焼酎二品 カズオ・イシグロさんの故郷の焼酎を飲みくらべ

アンテナショップから地方の特産品を食べくらべるこの企画、今回は今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの故郷・長崎県の特産品、焼酎の飲みくらべです。都内にある長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」を訪れると、ちょうど飲みくらべに適切な小サイズのかわいらしい焼酎が4本あったので、おつまみ2品と合わせて購入し飲みくらべてみます。銘柄は「壱岐の島」「壱岐」「猿川」「山乃守」の4種類、どれも芋焼酎発祥の地、壱岐の焼酎です。今回は壱岐の名のつく二品「壱岐の島」と「壱岐」をご紹介します。

■「壱岐の島」(壱岐の蔵酒造)
「壱岐の島」は玄界灘を見下ろす小高い丘の上にある壱岐の蔵酒造が作る、玄武岩層で磨かれた地下天然水を利用し米麹の旨みと麦の成分が調和した焼酎です。ほのかにいい香りがし、甘さよりもやや酸味を感じる味で、スタンダードな麦焼酎です。焼酎をたしなむ人なら万人に愛される味ではないでしょうか。

焼酎飲みくらべ

TheNews 独断調査班評価【味:3、香り:3、玄人度:3(5段階評価)】

■「壱岐」(玄海酒造)
明治33年の創業以来、壱岐で一番高い「岳の辻」の伏流水を使用した焼酎を送り出し続けている酒蔵です。モンドセレクション等で数々の賞を受賞しているということです。香りが強いですが、味はさらっとしており飲みやすいのが特徴的です。日本酒好きの人にも楽しめる焼酎ですね。

焼酎飲みくらべ

TheNews 独断調査班評価【味:2、香り:4、玄人度:3(5段階評価)】

焼酎飲みくらべ

【今回の焼酎】
「壱岐の島」110ml 260円(税込)発売:壱岐の蔵酒造
「壱岐島」110ml 260円(税込)発売:玄海酒造

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)