「働く人に愛されたホルモン」や「国境の島のソウルフード」が登場「2017西日本B-1グランプリin明石」出展団体とご当地グルメ 肉料理 編

兵庫県明石市にある県立明石公園で11月25日(土)26日(日)の二日間「2017西日本B-1グランプリin明石」が開催されます。実はB-1グランプリの正式名称は「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」といい、B-1グランプリの「B」は地域BRAND(ブランド)の「B」であり、まちを盛り上げ地域ブランドを確立しようと日々活動するまちおこし団体の共同PRイベントです。

グランプリに来場したお客さんは、地域をPRするパフォーマンスやおもてなしの対応など、料理のおいしさだけでなく総合的な評価で、気に入った団体に割り箸で投票するシステムになっており、2日間で獲得した割り箸の総重量で、受賞団体を決定するということです。今回の「2017西日本B-1グランプリin明石」には、関西・中国・四国・九州の西日本を中心に全国各地から24のまちおこし団体が出展するということで、TheNewsでは出展団体とご当地グルメを紹介していきます。

第一回目は肉ものを中心ということで「田川ホルモン喰楽歩」「対馬とんちゃん部隊」「十和田バラ焼きゼミナール」「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」のみなさんが出品するご当地グルメをとりあげます。

■田川ホルモン喰楽歩 「田川ホルモン鍋」(グランプリ投票対象)

福岡県の北東部に位置する田川地域は明治期に石炭で栄えましたが、エネルギー革命以降は人口の流出が進みました。現在は石炭時代の遺産を観光資源としてすすめ、代表的な二本煙突と竪坑櫓は国の有形文化財に登録されています。この煙突は毎夜ライトアップされロマンチックな風景を演出しているということです。

「田川ホルモン鍋」は焼き肉のタレで下味をつけたホルモンを玉ねぎ、キャベツなど大量の野菜を、真ん中が窪んだ独特の形の鉄板で炒め煮する田川のご当地グルメです。かつては炭鉱で働く人に愛されていました。「田川ホルモン喰楽歩」は田川のご当地グルメである「田川ホルモン鍋」を田川に活気を取り戻すため、まちおこしに進めているということです。

■対馬とんちゃん部隊 「上対馬とんちゃん」(グランプリ投票対象)
長崎県の対馬の北に位置し、韓国まで49.5kmの至近距離にある上対馬町は、天気の良い日には釜山市の町並みが望める、まさに「国境の町」。自然に恵まれ天然白砂の三宇田海水浴場は、エメラルドグリーンの遠浅の海で、「日本の渚・百選」に認定されたということです。

「対馬とんちゃん部隊」は対馬を襲っている過疎化、疲弊から故郷を守るために結集したということで、対馬は「東アジアの中心である」と力強く宣言しています。彼らがすすめる「上対馬とんちゃん」は、戦後に在日韓国人から伝えられた焼肉料理を、地元の精肉店が工夫を重ねることにより地域に広まったと言われている肉料理です。豚のロース肉を、醤油や味噌をベースに、ニンニク、ごま油など数種類の調味料に漬け込んだ国境の島ならではのソウルフードです。

他にも「十和田バラ焼きゼミナール」の「十和田バラ焼き」や「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」のB級グルメでおなじみの「甲府鳥もつ煮」などお肉の旨みを堪能できるご当地グルメが出品予定ということです。

「2017西日本B-1グランプリin明石」詳細
開催日時:11月25日(土)26日(日)9:30 ~ 15:30
会場:兵庫県立明石公園
料金:入場無料 料理には専用チケット(金券)が必要

0

externallink関連リンク

2017西日本B-1グランプリin明石 http://www.b-1gp-akashi.jp/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)