【お酒がススム!地方の海鮮おつまみ】噛んで旨い 焙るともっと旨い 香川県高松市の「いかの墨作り干し」

食欲の秋はお酒もウマイ!ということで、今回は地方の特産品を活かした酒の肴を集めました。酒の肴といってもたくさんありませすが、今回は特に水産物に焦点を絞ってみました。第二回目はイカの旨みが凝縮した子イカ墨作りを干したおつまみです。
香川県高松市にで、煮干や釜めしの素など水産食品をあつかっている「高松珍味堂」の商品です。子イカをまるごとイカの墨と一緒に茹で上げて干した「おつまみ」です。
高松市 いかの墨作り

墨で処理したためか、イカの臭みがありません、水産物特有の臭みもないため水産物の匂いが苦手な人も気にならないのではないでしょうか。食感はとても硬いですが噛めば噛むほど旨みが出てきます。味はやや苦味がありますが、墨の旨みとイカの身、特にハラワタの旨みがしっとりとした余韻を残し、お酒がほしくなります。

高松市 いかの墨作り

また、軽く火で焙ってみると大変いい香りが食欲をかきたてます。また焙った身は大変やわらかく食べやすくなります。また、このおつまみと一緒に飲みたいのは焼酎です、

TheNews 独断調査班評価【香り:2、食感:3、味:4、(5段階評価) お酒:焼酎】

今回の肴「墨作り いかっ子」 販売元 高松珍味堂(高松)

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)