出荷まで3年 酒の肴には最高の一品・・・ 鹿児島の漬物を食べ比べ 第5回

鹿児島県の漬物食べ比べ、最終回は特産品櫻島大根をつかった薩摩漬です。

特産品である桜島大根をそのまま輪切りにして焼酎を加えた酒かすの漬け床に漬け込み、長期熟成・発酵させた漬物です。加工から出荷まで3年を要し漬け樽も専用の巨大な樽を使うということです。出来上った漬物はきれいなべっこう色をしており、大変気品のある佇まいをしています。

食べてみると奈良漬に近い甘く濃厚な味わいです。お酒の香りが強く、食べた後の余韻を楽しむことができます。お酒の肴には最高の一品ではないでしょうか、ただし癖が強いため、好き嫌いは分かれそうで、飽きも早いかもしれません。特にごはんとの相性はその甘さもあって万人受けはしないと思われます。

TheNews 独断調査班評価【食感:3 塩見:3、甘さ:1、ごはんとの相性:1、お酒との相性:2、飽きないか:3(3段階評価)】

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)