カニ部長、綾瀬しょうぶ祭りにいざ出陣!

6月3日(土)・4日(日)、東京都足立区の綾瀬で開催されたしょうぶ祭りに”カニ部長”が駆け付けました。このイベントは、約140種、8,100株のハナショウブがちょうど見ごろを迎えている足立区立しょうぶ沼公園と、東綾瀬公園(ハト広場)の2会場で開催されました。「しょうぶまつり&世界の食広場」と題し、ハト広場には世界20ケ国の飲食ブースが集合し、地元足立区のお土産屋さんも軒を並べました。
おまつり会場を盛り上げようとカニ部長が応援にかけつけたところ、子供たちが次々と寄ってきてたちまち撮影ラッシュに。男の子から「挟まれても痛くないの?」と質問されたり、年配の方からは「暑いのに大変ねぇ~」などと心配され、おじさんには「頑張れよ~!」と声をかけられたりと、応援に行ったはずが逆に地元の人達の人情に励まされ、感動したといいます。

◇カニ部長の趣味は貯金。口癖は「確カニ!」

“カニ部長”とは、駅の売店でお馴染みの、横に引く特殊シャッターの専門メーカー「横引シャッター」のゆるキャラ(R)で、横に引くシャッターの動作がカニを連想させる事から誕生したそうです。趣味は貯金(チョキン)、口癖は「確カニ!」。昨年の会社創業30周年を記念してカニ部長の着ぐるみが完成し、”ゆるキャラ(R)グランプリ2016″に初エントリーを果たしました。その後、足立区のNPO関連の子育てママのイベントなどに参加し、区の子供たちにも大人気です。また、アイドルとユニット結成し、今年の1月にはテーマソング『おしえてカニ部長』のCDを発売し、「You Tube」で動画を配信、4月にはジョイサウンド機種でのカラオケもスタートするなど、次々に活動を展開しています。カニ部長は今後も、地元足立区の地域活性化のため、各地の魅力を伝えていく予定です。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)