NHK連続ドラマ「みをつくし料理帖」特別展覧会を開催

6月17日(土)から7月17日(月)の間、山形県新庄市にある最上広域交流センター「ゆめりあ」にて『岡田理知の世界展-みをつくし料理帖編-』が開催されます。「みをつくし料理帖」は高田郁原作による日本の時代小説シリーズで、実写ドラマも今年の5月からNHK連続ドラマとして放送されています。今回の展覧会では、本作品のコミック版作画担当である岡田理知さんによる扉絵・コマ割り・キャラクター設定画・下書きなどのほか、漫画の描き方を解説した特別展示も見ることができます。

本展覧会の会場である最上広域交流センターには、昨年12月にオープンした「新庄・最上漫画ミュージアム」が常設されており、「HUNTER×HUNTER」著者の冨樫義博さんや、「3月のライオン」著者の羽海野チカさんなど今話題の漫画家をはじめとした最上地域にゆかりのある著名な漫画家のイラストやサイン色紙などが展示されています。展示品のほとんどが漫画家本人や地元の人の提供により作成されたレプリカで、今なお展示品の募集を続けているということです。

 

『岡田理知の世界展-みをつくし料理帖編-』
【日時】6月17日(土)~7月17日(月)9時~18時
※第2、第4月曜日休館
【場所】山形県新庄市多門町1番2号 新庄駅併設
最上広域交流センター「ゆめりあ」1階 もがみ体験館内

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)