築地の吉野家一号店の裏メニュー

築地で吉野家?え?牛丼?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、築地場内には、吉野家の第1号店があります。その証拠?と言うわけではありませんが、地元の波除神社内に、吉野家の碑があります。碑には創業者松田栄吉さんの出身地大阪吉野町より名付けられた吉野家が、明治32年に日本橋で開業し、大正15年に日本橋から魚河岸が移転した時に一緒に築地にやって来たことなどが説明されています。お参りついでに、是非、ご覧になってください。

そして、話を吉野家のお店に戻しますと…わざわざ築地に来てまで、吉野家?と思われますが、他地域の店舗とは違う面白さがあります。

まず、営業時間が、朝5時からお昼の1時で閉店の『築地』時間となっています。当然ですがお客様は築地場内で働いていらっしゃる方が大半で、常連さんと見受けられる方々で賑わっています。

また、ここだけの特別メニューもあります。築地店では裏メニューと言えないほど認知度が高いメニューなのですが、混雑時でなければ常連さんでなくてもオーダー出来るとのことなので、是非、空いている時間にお試しください。

メニューは、黄身、赤、ネギダクダク、トロ抜き、トロダク、ニクシタ、ツメシロなどなど。 いくつお分かりになりますか?

ちなみに、『にくした』は『肉下』で、お肉が下でご飯が上のもの。これは他の丼ものでもなかなか見ることのない一品です。『つめしろ』は『冷白』で、冷たいご飯のこと。市場関係者の中には、忙しくて丼をかきこむように食べる方も多く、急いで食べても舌がヤケドしないように、冷たいご飯をあえて盛るメニューができたそうです。

『とろだく』で『黄味』(脂身多めの肉に卵の黄味のみ)といった複合技を使えば、かなりのメニュー数になりますので、オリジナルの味も楽しめそうです。

豊洲への移転で閉店が決まっていたため、もうこれらの裏メニューが「食べられなくなるかも」と言われていた築地場内の吉野家1号店。今ならまだ間に合います!ぜひ、魚ではない築地も楽しんでみてください。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)