恋し浜ホタテデッキで絶品BBQ:全国最高品質のホタテ

岩手県大船渡市三陸町綾里字小石浜に、『恋し浜ホタテデッキ』という、素晴らしい眺望を楽しみながら、肉厚のホタテ貝をBBQで味わえるオープンデッキがあります。場所は、三陸鉄道の恋し浜駅のすぐ目の前です。

恋し浜ホタテデッキでは、予約をすると、漁師の佐々木淳さんが自ら今朝獲れのホタテを解説付きで焼いてくれます。ホタテは貝柱部分もオスとメスで味が少々異なり、オスはクリーミー、メスは濃厚な味わい。醤油など調味料がなくても海水だけで十分な味付けとなります。

「焼き」ももちろん美味しいのですが、その場でさばいて頂ける刺身は、柔らかさと弾力ある歯ごたえの絶妙なバランスの食感や新鮮な甘みが楽しめます。そして、刺身をさっと火に通す「炙り」。好みはあるでしょうが、これが刺身で頂くよりさらに甘みが増し、焼きに比べてさらに柔らかく「最高!」の美味しさでした。

また、食通を自認する方は、貝柱以外のヒモや卵・白子の部分を貝殻に乗せて焼くと、海の香りや甘み、ちょっとしたが苦味が複雑に入り混じる「日本酒ください!」と唸ってしまう妙味が味わえます。

この日は、おまけでヤリイカも頂けました。これもじっくり焼くと香ばしく、さっと炙ると柔らかくジューシー、ちょっとした焼き加減で、いろいろな味が楽しめました。

この恋し浜のホタテは、築地市場で全国のホタテの中で最高値をつけたこともある高品質を誇ります。そもそもは佐々木さんのお父様の代の漁師の方々が話し合い、「量より質」を追求するために、「他の漁師よりもたくさん獲りたい」というエゴを皆で捨てて、一個一個のホタテに栄養が行き渡るよう養殖の数量制限をしたのが出発点だったとのこと。育て方も丁寧です。2年かけてホタテを育てるのですが、1年経った時点で貝を「お掃除」し、身の部分に栄養が集中するようにしています。また、北海道など他の産地と異なり、砂に撒かず水中で吊って育てるために、砂抜きが要らず、植物性プランクトンが栄養となりクリアな味となるのが特徴だそうです。

2011年3月11日東日本大震災の津波による被害は、ここ小石浜も甚大で、浜にあった作業施設や漁場が根こそぎ破壊され、がれきの山となってしまったとのことでした。しかし、佐々木さんはじめ小石浜養殖組合の方々の「恋し浜ホタテ復活」にかける意気込みは強く、行動は早く、震災後二日目には、散乱している漁業資材集めを手始めに、がれきの撤去を開始。その年の10月にようやく7割復旧、そして2012年の冬には本格的な出荷を再開できたそうです。

穏やかで美しい海を眺めながら、漁師や地元の方々の笑顔に囲まれて新鮮な海の幸を頂いていると、その困難はにわかには信じられませんが、お話を聞くにつれ、この景観と美味しさは漁師をはじめ地元の皆様の大変な努力と海の恵みのおかげだと、改めて感謝を申し上げたい気持ちとなります。

恋し浜ホタテは、ぜひこの『ホタテデッキ』で味わっていただきたいですが、「なかなか三陸まで食べに行けないよね」という方には、電話やFAXで注文できる直送便もあります。三陸の復興は実はまだまだこれからが本番。現地に行けなくても、現地の産業を活発にするために、特産品を購入ことが応援となります。美味しい海産物を味わって、東北復興を応援しましょう!

0

externallink関連リンク

綾里漁業協同組合 活きホタテ「恋し浜」係
http://www.jf-ryouri.or.jp/hanbai/
TEL:0192-42-2151
FAX:0192-42-2153
Facebook:https://www.facebook.com/koishihama.hotate.deck/
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)