トルコで暴動、ナイフが投げ込まれる…狙われたクアレスマはおしゃれに対応

 6日に行われたトルコ・スーパーカップで観客がピッチ内にナイフが投げ込んだ。

 事件が起こったのはベジクタシュとコンヤスポルの試合。1-1で迎えた80分過ぎに過熱した複数のサポーターがピッチ内に乱入し、警備員に取り押さえられたものの、一部がポルトガル代表FWリカルド・クアレスマに向けてナイフを投げ付けた。

 ナイフは選手に命中せず、クアレスマが回収。クアレスマは主審に渡そうとしたが、刃を主審側に向けていたため、主審は驚いた様子を見せる。するとクアレスマは慣れた手つきで器用にナイフを回し、柄の部分を差し出した。

 試合はその後、90分にベジクタシュのポルトガル代表DFペペがPKを与えてしまい、これが決勝点となってコンヤスポルが優勝している。

 なお試合後にもコンヤスポルサポーターが暴動。イスを壊して警備員に攻撃するなどして警備を突破すると、ベジクタシュサポーターに突撃し、政治的なメッセージを叫びつつ乱闘を行っていた。


externallink関連リンク

●“お騒がせ男”ベントナーがゴール後に激怒…3得点に絡む活躍の裏に何が?●元チェルシーのオスカルが暴走…中国で50人規模の大乱闘に発展●中国でまたも大乱闘…トルコ代表FWが相手選手をビンタし退場処分●浦和戦で大乱闘の済州、指揮官がコメント「勝利した者にもマナーは必要」●浦和と乱闘の済州、AFCからの制裁が決定…2選手の処分が大幅軽減に
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)