東京スカパラダイスオーケストラ、混沌と混乱を打ち破るニューアルバム『S…

東京スカパラダイスオーケストラが2021年3月3日(水)にニューアルバムをリリースすることが決定した。
デビュー30周年を記念して2019年11月にリリースされた前作『ツギハギカラフル』以来、1年4か月振りのニューアルバム。アルバムタイトルは『SKA=ALMIGHTY』。読み方は「スカ・オールマイティ」だ。
1989年のデビュー以降、“スカ”をベースに自ら奏でるサウンドを“トーキョースカ”と称してオリジナルのスタイルを築き、“トーキョースカ”で世界中を幸せにできると信じてやまない9人の男たちが、“スカ”が放つ“オールマイティ”なサウンドで、コロナ禍により混沌と混乱が続く世の中を打ち破りたいという想いが『SKA=ALMIGHTY』というタイトルには込められている。
ニューアルバムの情報解禁に合わせて最新ビジュアルも公開。アーティスト写真の撮影は、アートや広告・ファッションなど様々なジャンルで世界的に活躍する写真家、レスリー・キーが担当。鮮やかなオレンジ色のニュースーツを纏い、楽器を携えたスカパラメンバー。LIVEステージを彷彿とさせるライティングとお馴染みのフォーメーションで今にもパフォーマンスが始まりそうだ。
アルバムはCD ONLY盤、CD+Blu-ray盤、CD+DVD盤の3形態が用意されている。CD収録曲は、[Alexandros]川上洋平をゲストボーカルに迎えた「ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平」(テレビ朝日系『仮面ライダーセイバー』主題歌)、「多重露光 feat.川上洋平」(『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』主題歌)の2曲をはじめ、茂木欣一(Drums)がボーカルを務めた「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系『仮面ライダーセイバー』エンディングテーマ)、2020年J-WAVE春のキャンペーンソングであり、同局のカウントダウン番組「TOKIO HOT 100」では4週連続1位を記録した「倒れないドミノ」(Vo.茂木欣一)、オーディオビジュアルブランドAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン(TE-BD21j)とのタイアップ曲として制作されたインストナンバー「Great Conjunction 2020」など多数のタイアップ曲を含んだ全14曲が収録される予定となっている。

0

externallink関連リンク

スカパラ茂木欣一、仮面ライダーセイバー・エンディング曲が自身の誕生日に配信スタート[Alexandros]川上洋平、スカパラのゲストボーカル&『仮面ライダーセイバー』の主題歌担当発表でネット騒然スカパラ×aikoのコラボ曲などが初登場!今注目の歌詞ランキング1位はコブクロの「卒業」東京スカパラダイスオーケストラ、大友克洋がベストアルバムのジャケットを描き下ろし東京スカパラダイスオーケストラ、Epic Records Years Reissueアナログ盤発売第3弾が決定
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)