近鉄特急 土休日に減便へ 1月23日から平常時の最大58%運休

吉野行きは過半数が運休となります。

関西圏の線区で特急が減便

 近鉄は2021年1月14日(木)、特急列車の一部運休を行うと発表しました。 これまで夜間の一部列車については新型コロナウイルスの影響に伴い運休していましたが、くわえて日中の便についても運転取りやめとなる列車が発生します。 運休する本数は運転線区ごとに下記のとおりです。・奈良線:32本中2本運休・京都線(奈良方面):61本中21本運休・京都線(橿原線直通):56本中18本運休・南大阪線、吉野線:66本中38本計446本中79本 なお、平日の特急列車については、運休は行われません。

0

externallink関連リンク

南海電鉄の「新型特急」どんな車両になる? なにわ筋線の整備に向け開発を検討 将来は「大化け」? 京阪中之島線、延伸でどう変わる(写真12枚) 幻になった「京阪電車の梅田行き」 いまなお残るその痕跡(写真11枚)
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)