廃線跡も楽しめる! 横浜・みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」4月開業

ついに運行の詳細が明らかに!

開業は4月22日、運賃は大人1000円

 横浜市は2021年1月13日(水)、JR桜木町駅とみなとみらい地区の新港ふ頭を結ぶロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」について、4月22日(木)に運行開始すると発表しました。 このロープウェイは常設の都市型ロープウェイとしては日本初となるもので、JR桜木町駅東側と新港ふ頭の運河パークやショッピングモール「ワールドポーターズ」付近までの約630mを約5分で結びます。 営業時間は午前10時から午後10時まで、運賃は大人1000円、こども500円。ゴンドラの定員は8名で、計36基が同時に往復します。事業主体は泉陽興業株式会社です。 ロープウェイは運河の上を通行していきますが、これに並行して、かつてこの地にあった東海道本線の貨物支線「横浜臨港線」の廃線跡である「汽車道」と呼ばれる遊歩道が整備されており、線路やトラス鉄橋など数々の遺構を眼下に見ることができます。 横浜臨港線は1911(明治44)年に開業し、1986(昭和61)年に廃止された貨物線です。かつて山下ふ頭まで伸びていたこの貨物線は、船舶による輸送が主要だった時代に、日本の物流を支える重要な路線となっていました。

0

externallink関連リンク

ランドマークタワーに巨大柱が並んだ! 横浜のロープウェイ建設を見る 名物は廃線跡? 東急東横線の「廃線跡」をめぐる 横浜駅周辺 かつての面影残す遊歩道 横浜港を通る貨物線「高島線」に乗る ピカピカの新車両が機関車にひかれて走ることも
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)