岩渕真奈が新天地アストン・ヴィラでデビュー!…カップ戦途中出場、チームは敗戦

 アストン・ヴィラに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)FW岩渕真奈が、13日に行われたWSLカップ準々決勝のブリストル・シティ戦で新天地デビューを飾った。

 ベンチスタートだった岩渕は2点ビハインドで迎えた73分に途中出場し、イングランドでデビュー。82分にはゴール前のこぼれ球に反応し、84分にはエリア中央でターンしつつ右足を振り抜いたが、どちらも得点には結びつかなかった。

 なお、チームは86分にFWスタイン・ラーセンがヘディングシュートを沈めて1点を返したが、あと1点及ばず、1-2で敗れてベスト8敗退となった。

 現在27歳の岩渕は昨年12月に2020シーズンをもってINAC神戸を退団し、FA女子スーパーリーグ(イングランド女子1部/WSL)のアストン・ヴィラに移籍。キャリア初のイングランドで、2013年〜2017年にドイツでプレーして以来となる欧州2度目の挑戦が始まった。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)