全英Vの“シンデレラ”が単独首位発進 畑岡奈紗は35位タイ

<ペリカン女子選手権 初日◇19日◇ペリカンゴルフクラブ(米国フロリダ州)◇6353ヤード・パー70>

約1カ月ぶりの開催となる米女子ツアー。今週はフロリダを舞台に新規大会の「ペリカン選手権」が行われている。第1ラウンドを終え、6アンダー・単独首位にはソフィア・ポポフ(ドイツ)が立った。

ポポフは2020年「AIG女子オープン」で初優勝。それまで下部ツアーを主戦場としており、ドイツ人女性として初のメジャー制覇を達成した。

トップと2打差・2位にアシュレイ・ブハイ(南アフリカ)、3打差・3位タイにはキム・セヨン(韓国)とアリー・マクドナルド(米国)が続いた。

日本勢では畑岡奈紗と上原彩子が参戦。畑岡は「71」の1オーバー・35位タイ、上原は「73」で3オーバー・63位タイ発進となった。

0

externallink関連リンク

■ペリカン選手権 リーダーボード ■全英で新たなシンデレラ誕生!世界304位が初V ■ダンロップフェニックス 初日の順位 ■大王製紙エリエールレディス 初日の順位 ■PGA最終プロテスト 3日目の順位
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)