東海大野球部で大麻使用の疑い=寮で数人、無期限活動停止

 東海大学は17日、硬式野球部の部員数人に大麻を使用した疑いがあるとして、部の無期限活動停止を決めたと発表した。大学の説明によると、9日に通報があり、学内で調査するとともに神奈川県警平塚署に相談。16日になって、複数の部員が寮内の部屋で大麻を使用した事実を認めた。
 県警は部員への任意聴取を実施し、平塚市内にある野球部寮も16日に家宅捜索した。寮はグラウンドに隣接して2棟あり、部員128人のうち、110人が生活している。
 大学側は平塚市のキャンパスで記者会見を開き、山田清志学長は「重く受け止める。このようなことが決して起こらないよう、再発防止に全力を注ぐ」と述べて謝罪した。今後は在校生に対し、薬物使用に関する調査を実施する方針も示した。
 東海大野球部は首都大学リーグの強豪で、巨人の原辰徳監督、菅野智之投手ら多くのプロを輩出している。 

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)