パリ近郊で教師殺害=授業で預言者風刺画見せる―容疑者、チェチェン人か

 【パリ時事】パリ近郊の中学校付近で16日、同校に勤務する男性教師が首を切断されて殺害された。フランス紙パリジャンなどが報じた。授業中にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていたとされ、仏検察の対テロ部門が捜査を開始。容疑者はロシアのチェチェン人とみられ、犯行直後、現場付近で警官に射殺された。
 現場に急行したマクロン大統領は、記者団に対し「イスラム教徒によるテロに特徴的な事件だ」と糾弾した。パリでは9月にも風刺画に絡むテロ事件が起きたばかり。フランス社会の反イスラム感情悪化が懸念される。
 AFP通信は情報筋の話として、容疑者は射殺される直前「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだと報じた。パリジャンによれば、死亡した男性教師はインターネット交流サイト(SNS)上で脅迫を受けていたと保護者が証言している。
 被害者の男性は歴史が専門だったといい、「表現の自由」に関する授業で風刺画を生徒に見せたという。
 仏BFMテレビは、容疑者の年齢は18歳で、モスクワ生まれと報じた。執拗(しつよう)に教師の首を刃物で攻撃したと警察関係者は仏メディアに語った。 
〔写真説明〕16日、パリ近郊で、教師を襲ったテロ容疑者射殺現場一帯を警備する仏警察(AFP時事)
〔写真説明〕16日、パリ近郊の中学校前で、教師殺害事件について取材に応じるマクロン仏大統領(AFP時事)

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)