徳島から阿南へ延びる高速「徳島南部自動車道」誕生 徳島市内のJCT・IC名も決定

四国の右下へ延びていきます。

 国土交通省徳島河川国道事務所とNEXCO西日本は2020年10月2日(金)、建設を進めている四国横断道の徳島JCT~徳島東IC~阿南IC(いずれも仮称)間について、路線名称とIC・JCT名称を決定したと発表しました。 これまで仮称だった徳島JCTはそのまま「徳島(とくしま)JCT」が正式名称に。徳島東ICは「徳島沖洲(とくしまおきのす)IC」、津田ICは「徳島津田(とくしまつだ)IC」にそれぞれ名称が決まりました。いずれも徳島市内に設けられます。 徳島JCTで徳島自動車道から分岐し南へ延びる高速道路の路線名称は「徳島南部(とくしまなんぶ)自動車道」です。 徳島JCT~徳島沖洲IC間4.7kmは、2021年度の開通を目指してNEXCO西日本四国支社徳島工事事務所が整備を進めています。徳島沖洲IC~阿南IC間17.7kmは国土交通省徳島河川国道事務所が整備を進めており、このうち徳島沖洲IC~徳島津田IC間は2020年度に開通予定です。

0

externallink関連リンク

関西の無料「ハイスペック一般道」5選 「緑標識なのに無料」な名阪の大動脈も 偶然? 東から緑、オレンジ、青 NEXCOとJRのコーポレ―トカラー、関連はあるのか 都市高速で「渋滞日本一」、阪神高速3号神戸線はなぜ混むのか 淡路島からノロノロも
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)