精神保健福祉士が考えるキューブラー・ロスの死への第1段階「否認」

もしも自分に残された時間が少ないと分かったら、人はどのようにその瞬間へ向かうのだろう。そこには、どのような心の変化が生まれるのだろう。前回同様、アメリカの精神科医であったキューブラー・ロス(1926-2004)の著書「死ぬ瞬間」を参考として死への過程の第1段階「否認」について考察しようと思う。

■死への過程 第1段階の否認とは

キューブラー・ロスによると、自分の余命や病状について深刻で絶望的な診断を告げられた人が見せる最初の反応は、否認であるという。具体的には、「自分の身に起きたことではない」「そんなはずはない」「ありえない」といった反応である。

次のような身近な例で考えてみよう。定期的な健康診断などで自分に何らかの病気が見つかったときに「何も症状はないし元気だったし自分が病気なんてありえない。それに、前回の健康診断では何もなかったし、どうせたいしたことないだろう。いや、そもそも誤診の可能性だってある。違う病院で診てもらおうかな」と、このような感情を抱くことは想像するに容易く、共感ができるのではないだろうか。

■否認は具体的にはどのような心理状態で、どのような行動をとるか

このような気持ちを否認と呼ぶ。そして、その診断や余命宣告についてはたっぷりとお金をかける傾向にあり、セカンドオピニオンとして他の病院を受診することは多い。セカンドとは言わず、何件も病院を回り、違う診断をしてくれる病院をどこかに探す。

客観的に否認をするために時間もお金も十分にかける傾向にある人が多いが、そもそも否認という感情は、自分をそのショックから守るための自己防衛機能であり、至って健康的な対処法であることを忘れてはならない。一時的なショック(余命宣告など)から回復し、落ち着いて否認をしている状態である。

■否認の状態にある方に対する医療従事者とその近しい人の態度

医師はたびたび、病気を治すのに死について話さなければならないことを責められる。そういった意味で、病院のスタッフや家族、友人が死を前にしている人自身の死について話すことは容易ではないが、その人に準備ができ、その人に必要であれば否認について話す相手になることもあろう。

もしこの場合、会話の途中で否認の感情が強いのであれば、会話は打ち切ってもよい。死の病床に立ち会い続けたキューブラー・ロスは200人中3人、最期まで否認の感情を持ち続けた人がいたというが、それでも「持ちこたえられそうにない」という言葉や手術を治るものではなく「治りやすくする」と表現した本人たちの言葉から、ある部分では死を受け入れていたと考えたそうだ。否認を持ち続けても苦悩は増さないと、キューブラー・ロスは論じている。

■告知の方法や周囲の態度、人生経験などで大きく変わる死の過程

死への過程は5段階に分けられるが、これはどのような告知を受け、どのくらいの時間があり、今までの人生で訪れた危機へどのような対処方法を取ってきたかによって大きく左右される。この過程が大きく左右されるのは、周囲の人によっても同様である。

■周囲の人に大事なこととは

周囲の人が注意しなければならないことは、「どうにかして励ましたい」という当たり前の感情にこそ隠れている。その感情が高じて病院のスタッフや周囲の人までも自ら死を否認してしまうことは避けなければならない。それは、本人の死における経験を妨げ、本人を混乱させていることと同義であると考えられるからである。もちろん、病院のスタッフや家族、友人は本人ではないから辛くないと言っているのではない。周囲の人も辛いと感じるのは当然であり、筆者の立場(精神科ソーシャルワーカー)からそれを否定するつもりはない。必要なのは、死について本人同様に否認をしていないか、冷静に見極めなければならないということである。周囲の人の反応は、本人にも反映され、病状の善し悪しにも影響するという。周囲の人が自らの反応に注意し、決して否認をしないよう配慮する必要がある。

■死の瞬間まで人は成長し続けることを忘れてはならない

キューブラー・ロスは長らく死を看取る“周囲の人”であった。なぜキューブラー・ロスはこの周囲の人であり続けることができたのであろうか。その答えは、「死ぬ瞬間」の至る所に散りばめられているが、否認について論じられている章の最後のページに、その答えが最も分かりやすく記載されているように思えた。

それは、本人も周囲の人も自分自身を見つめることで自分が成長すること。「死ぬ瞬間が分かったとしても、その瞬間まで、人は成長する」このようなメッセージに聞こえた。

0

externallink関連リンク

精神保健福祉士が考えるキューブラー・ロスの死の受容モデル
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)