黄金世代の活躍にも「自分は自分」 松原由美が自粛期間の成果で首位タイ発進

<中国新聞ちゅーピーレディースカップ 初日◇23日◇芸南カントリークラブ(広島県)◇6460ヤード・パー72>

広島県にある芸南カントリークラブで開幕した「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」初日。松原由美が6バーディ・1ボギーの「65」でラウンド、5アンダーまで伸ばし首位タイ発進を決めた。

12フィート、コンパクション24とレギュラーツアー並みのグリーンでも、パッティングが冴えた。「ミドルパットが決まってくれました。グリーンが速くて、チョンと打ったパットがラインに乗ってくれた」と4番はカラーから5メートル、7番も6メートルとパターでバーディを量産。「素晴らしいグリーンとラインの読みがピッタリと合った。22パットでした」と納得のラウンドとなった。

そのパッティングは自粛期間に磨いたもの。徹底的にアプローチとパターを練習していたという。「所属の吉川カントリー倶楽部で自由に練習させてもらえたのは、本当にありがたかったです。アプローチ、パターはスコアづくりには欠かせません。重点的に練習できたことが、きょうに生きました」とコースの芝の上でやったことが、この日しっかりと活きた。

松原は渋野日向子、畑岡奈紗らと同じ黄金世代。どうしても周囲は騒がしくなるが、自分を貫く。「同世代の活躍は気にしていないと言えばウソになるけど、自分は自分。周りからはいろいろと言われるけど、自分がやれることをやるだけ」とマイペースを強調する。

今大会で優勝すると「大王製紙エリエールレディス」への出場権が付与される。かつて松原が日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ツアー史上最年少予選通過記録(12歳270日)を打ち立てた大会だ。「初めて出た大会で、予選を通過できたのは覚えています」と思い出深いことは間違いないが、「ただ過去のことですし、アマチュア時代のことにとらわれ過ぎるのは良くない。もうプロなんですから、プロとして結果を残したい」と大事なのは今という気持ちも強い。好調のパッティングで、まずは2年連続で同級生が優勝している大会への道を切り開く。

0

externallink関連リンク

■中国新聞ちゅーピーレディース 初日の結果 ■中国新聞ちゅーピーレディース 2日目の組み合わせ ■24歳の柏原明日架は“中間世代”? 見据えるピークは「この1、2年が勝負」 ■小祝さくら、黄金世代最速2億円突破も無関心? 「特にないですね」 ■黄金世代4人目となる複数回優勝の裏で… 新たな“希望”に飛躍の予感
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)