TOTOジャパンクラシック日本単独開催に伴う規定が発表 世界ランクでも出場権を付与

全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)公式戦としての開催を中止し、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の特別公認大会となった今年の「TOTOジャパンクラシック」の規定が、この変更に伴い改正された。23日、JLPGAが発表した。

例年は米国女子ツアーの1試合として行われている大会だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け日本ツアーとして実施。11月6〜8日に茨城県の太平洋クラブ美野里コースで開催される部分に変わりないが、事前に発表されていた出場資格などが規定として明文化された。

これを見ると出場人数は昨年と同じ78人。ただし米国ツアーの出場枠がなくなり、JLPGA会員もしくは同TP登録者に限定される。その内訳は、「富士通レディース」終了時点の国内ツアー賞金ランク上位35名までに出場権が与えられるのはこれまで通り。今回は米ツアー選手の枠の代わりに、10月12日時点の世界ランクで、会員もしくはTP登録者のなかの上位43名にもその権利が与えられる。

また出場資格に重複や欠員がある場合、富士通終了時点の賞金ランク36位から順に次点を決定。同順位の場合は世界ランク上位者が選出されることも追加された。なお欠員補充は、大会前週の金曜日午後5時までとなる。

大会は3日間、54ホールストロークプレーで実施。予選カットはなく、ここでの獲得賞金も賞金ランクに加算される。

0

externallink関連リンク

■日本唯一の米公式戦はコロナで中止 日本ツアーとして開催 ■現時点の国内女子ツアー賞金ランク ■上位43名は誰になる?最新の女子世界ランキング ■2020年国内女子ツアー 今後のスケジュール ■ステップ・アップ・ツアー開催中!ライブフォトも更新中
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)