トッテナム、DFシュクリニアルに関心…インテルに獲得を打診か

 トッテナムがインテルに所属するスロヴァキア代表DFミラン・シュクリニアルに関心を示しているようだ。22日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 報道によると、トッテナムがシュクリニアル獲得に興味を示しており、インテルと接触したという。交渉はまだ始まったばかりのようだが、インテルは同選手の移籍金として6000万ユーロ(約74億円)を求めていることをトッテナム側に伝えたことが明らかとなっている。

 なお、インテルは現金のみを求めており、フランス代表MFタンギ・エンドンベレとのトレードなどは受け付けていないようだ。しかし、トッテナムとしては6000万ユーロを支払うつもりはなく、合意に達するために移籍金の値下げを交渉していくことになりそうだ。

 また、仮にシュクリニアルが退団した場合には、インテルはフィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコヴィッチ獲得に動くという。その資金確保のためにもシュクリニアル売却には移籍金のみを要求しているようだが、果たして両クラブが合意に至ることはあるのだろうか。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)