<速報>松山英樹は首位と2打差で後半へ 石川遼は1アンダー、アマチュアが単独首位

<全米オープン 初日◇17日◇ウィングド・フットGC(米国ニューヨーク州)◇7477ヤード・パー70>

今年の海外メジャー2戦目「全米オープン」の第1ラウンドが進行中。日本時間午後8時56分にティオフした松山英樹が、1アンダーで折り返している。

松山は4番までパーを重ねて我慢の展開が続いたが、5番パー4で約3mを沈めてバーディが先行。前半を「34」として、首位と2打差の1アンダーで後半に突入した。

日本勢では石川遼が午後9時29分にティオフ。現在松山と並ぶ1アンダーでプレー中となっている。

3アンダー・単独トップに立つのはアマチュアのデイビス・トンプソン(米国)。首位と1打差・2位タイにはローリー・マキロイ(北アイルランド)らが続く。

松山の1組後ろでプレーしているタイガー・ウッズ(米国)と同組のコリン・モリカワ(米国)はともに2オーバーでプレー中となっている。

0

externallink関連リンク

■松山英樹&石川遼出場 全米オープン スコア速報中 ■松山英樹のプレー詳細をお届け! 1打速報 ■石川遼の今季成績 ■渋野日向子参戦 米国女子ツアーオレゴン大会 初日の組み合わせ ■デサントレディース東海クラシック 初日の組み合わせ
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)