「森林セラピー」が人気 宮崎県日之影町

 宮崎県日之影町で行われている「森林セラピー」が、新型コロナウイルス禍で観光客の動きが鈍くなる中でも人気を保っている。
 森林セラピーは森の持つ癒やし効果を心身の健康づくりに生かす取り組みで、町は「森林セラピー基地」にも認定されている。自然遊歩道、鉄道跡、トロッコ道などを散策しながら、大自然の景観や清らかな空気を満喫しながら癒やされていくのが醍醐味(だいごみ)だ。
 このうち「TR鉄道跡地散策コース」は、2008年に全線廃止となった高千穂鉄道の吾味駅~日向八戸駅~槙峰駅を森林セラピーロードとして活用。豊かな森の中に当時の鉄橋、駅舎、レールなどが昔の姿を残しており、鉄道ファンにも魅力的だ。【もぎたて便】

〔写真説明〕鉄道跡の鉄橋のウオーキングも楽しめる散策コース=宮崎県日之影町

1+

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)